幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

あなたは「明日から頑張ろう」という 育児になっていませんか?

 

 

「今日はちょっと疲れたから

子どもの宿題を一緒にやるのは

明日からにしようかな。」

 

「今日は忙しいから

子どもと遊ぶのは明日にしょう。」

 

「子どもに絵本を読み聞かせしたいけど、

もう眠いな~。明日がんばろう。」

 

こういうシーンって

あなたはありませんか?

 

私は20代前半の時は

先延ばしにしてしまう

習慣がありました。

 

私たち人間は

 

『先のことを楽観視する』

 

傾向があるそうです。

 

これは

ウィスコンシン大学

マディソン校のロビン・タナー教授と

 

デューク大学の

カート・カールソン教授が

実験で明らかにしています。

 

エキササイズ器具を購入した人たちを

3グループに分けてある質問をしました。

 

 

1つのグループには

 

「来月は1週間に何回くらい

エキササイズをしますか?」

 

2つ目のグループには

「理想的には来月は1週間に何回くらい

エキササイズをしたいですか?」

 

3つ目のグループには

「現実的には来月は1週間に何回くらい

エキササイズをしますか?」

 

なんと!

 

この質問に対して

グループごとの回答で

回数に大きな差異は

見られなかったそうです!

 

 

つまり

現実的に考えても

理想的に考えても

未来を楽観視するんです。

 

未来のことを考える時に

人間は

  

「きっと!大丈夫!

その時はできるはず!」

 

と思ってしまうそうです。

 

そして、

1ヶ月後に

この3グループの人たちに

実際の回数を確認したところ、

 

 

ことごとく

予想結果を下回ったそうです。

 

私たちが先延ばしに

しがちなのは

これが理由なんですね。

小学校の時に

夏休みの宿題を

最後の日までやらなかった

理由がわかりました(笑)

そうなると

『育児に関する情報を学んで

明日から取り組もう!』

というのは危険だということです。

 

絶対にやらないといけない

子どもたちの洋服の洗濯などは

必ずやると思いますが、

 

教育って

正直に言うと

 

 

やらなくても

生活で不便を感じることは

日常的には少ないです。

 

だから

先延ばしにしてしまうのです。

 

でも、

子どもへのさまざまな

教育をしていくと

目には見えない部分で

大きな差ができます。

 

学校の勉強などであれば

点数として見えやすいですが、

 

そうではない部分ですね!

 

まさに

5スターの大事にしている

5つの力です。

 

 

1、人から愛される力

2、自分を信じる力

3、作戦力

4、夢中になる力

5、目標達成力

 

この5つの力は

目には見えません!

 

 

しかし、

この5つの力が

備わっている子どもと

そうでない子どもでは

 

将来、まったく違う生き方に

なります。

 

 

幸せ度も違うんですよね!

 

だからこそ、

 

あなた自身がいろいろ学んで

お子様に素晴らしい教育を

提供していただければ

うれしいです。

 

そして育児に関する

声かけの方法や考え方など

学んだのであれば

 

 

“今日から今から実践してみましょう!”

 

明日も同じ生活を

繰り返すことがほとんどです。

 

だったら

今やらないと

明日は変わりません。

 

できることから

やってみましょう!

 

よく私が使っている

声かけですが!

 

「ちがう!」

 

ではなくて


「おしい!」

 

です。

 

否定をされて

うれしい子どもはいません。

 

 

「おしい!」

 

否定ではなく

もうちょっと!

 

そういうニュアンスが出ますし、

正しい答えをそのあとに

付け足すこともできます。

 

ぜひ、

今日から

 

「おしい!」

 

を口癖にしてみましょう!

 

 

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す