幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

こっそり教えます!子育てでも有効な◯◯のパワー

ちょっと、

タイトルが怪しい感じがしますが

知っておいて損はしません。

 

子育てにも

あなたの人生にとっても

大きなエネルギーをもたらしてくれます

 

╋━━━━━━━╋ 
◆医者いらず!?
╋━━━━━━━╋ 

物理学者で

 

『奇跡的な治療とはなにか?』

 

を書いた

 

バーニーシーゲル博士は

◯◯が健康に与える影響を

このように述べています。

 

『「患者さんに免疫グロブリンや

キラーT細胞の血中濃度を上げなさい!」

 

と言ってもどうしていいかわかりませんが

 

「自分自身や他人を心から◯◯しなさい」

と教えたら

 

自動的に体に同じ変化が起こるのです。

 

つまり

 

◯◯は体を癒すのです!』

 

その他にも数々の研究で

 

◯◯は寿命を延ばして

血圧を下げて、認知症を防止し、

うつ病リスクを下げる

 

ことがわかっています。

 

子育てにも◯◯は欠かせません。

 

フンボルト州立大学で

オリナー夫妻が行った研究によると

◯◯を持って思いやりのある両親に育てられると

 

子どもは思いやりがあって

人の気持ちが分かる人間になる傾向が

極めて高いそうです。

 

もう、

お分かりでしょうか?

 

◯◯は“愛”です。

 

「なんですか!それ!

当たり前の話じゃないですか?」

 

そう思う方も多いかも

しれませんが

 

“愛”ってものすごい

無限のパワーがあるらしいです!

 

癒しとかだけではなくて

人間の潜在能力も引き出して

くれるそうです。

 

学者さんの名前を忘れて

しまいましたが

 

筋肉トレーニングをするときに

一番重いダンベルをあげられるのは

“愛”の感情を

イメージしたときらしいです。

 

私は高校や大学で

筋力トレーニングをしているときは

怒りとか痛みで重さを限界まで上げていました

 

しかし、

それは違ったようです。

 

愛情を感じたときのほうが

上げられる重さが増えるそうです。

 

これって

すごいですよね!

 

感情が変化するだけで

自分の筋力が上がるんです!

 

この愛情にもポイントがあって

 

条件付きの愛情ではなく

無条件の愛情である必要があるそうです。

 

そして、

愛情に溢れている人は

以下の7つの共通点があるそうです。

 

これは

ハーバード大学医学部の

教官で内科医の

 

エヴァ・セルハブ博士が

書いているものです。

 

1、この一瞬一瞬を大切に生きている

2、心から人に話しかけ、人の話を聞く

3、自分の対しても他人に対しても

 思いやりを持ち、批判をしない

4、充実感と満足感があり

 ありのままの人生を

 愛することができる

5、感情の流れのままに生き、

 身体に流れるエルルギーが旺盛

6、愛を与える時も受け取る時

 同じようにいい気分

7、すべての人間や自然に対し、

 一体感と連帯感を覚えている。

 

これって

取り組もうと意識すれば

できそうなことが多くはありませんか?

 

ぜひ、今日1日

少し取り入れてみてください。

 

きっと、

あなたの人生が

子育てが変わるはずです。

 

本日も、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

人間には無限のgift(才能・可能性)がある!
Grow your gift.

コメントを残す