幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

イライラを納得に変えるコツ

本日は

親御様自身が

主体性を発揮するのに

効果的なお話をします。

 

どうしても

育児、教育をしていると

 

Aちゃんのために

Bくんがやりたいから

 

 

などと

子どもが主語になって

親御さんの行動も決まり場合が

多いです。

 

『子どものために』

 

これって

本当に素晴らしいことなんですが、

 

ずっと、

子どもが主語だと

いつかは

 

「自分がやりたいわけでない、、、」

「自分のことやりたいな、、、、」

 

自分という存在がないことに

ストレスを感じてしまう

親御さまが多くいらっしゃいます。

 

もちろん、

子どものためですが。

=============
私がやりたいから
こどものために◯◯をする
=============

こういう

考え方に変換すると

 

 

育児や教育で

ちょっと上手くいかないことが

あっても

 

子どものせいにしたり、

子どもに責任を

押し付けなくなります。

 

主体性というのは

社会で生きて行く上で

本当に大事な考え方です。

 

そこで

今日はもう一つ、

主体的になる方法を

お伝えします。

 

主体的になるために

根本的に大事なのが

 

===========
自分の気持ちを整理する
=========== 

 

ことです。

 

育児・家事・仕事など

めまぐるしい毎日を

過ごしていて、

 

インターネット

テレビ

Youtube

Facebook

Lineなど

 

莫大な情報に

さらされていると

 

なかなか自分の今の気持ちや

考えを整理することが

できません。

 

そうなると

「なんで私はこれをやっているのか?」

「なんの目的で◯◯しているのか?」

「なんとなく××をする」

など

 

 

となってしまい

 

そんな時に

いろいろなストレスが

重なると、

 

 

「もう!!!育児なんて〜!!」

 

 

と叫びたくなってしまいます。

 

人間は

 

============
行動と感情と思考が
一致していないことで
ストレスを感じてしまう
=============

生き物なのです。

 

だからこそ

自分の感情や思考を

一致させておくことが重要です。

 

そのための

毎日できる簡単な方法が

 

========

紙に書き出すこと

========

 

これです。

 

『自分の考えていることや

感情を見える化する』

 

ということです。

 

日記を書く効果って

 

・感情の見える化ができて

・気持ちの整理ができる

 

ということもあります。

 

手書きだとどうしても

時間がかかって面倒という方も

多いと思います。

 

私も一日の事柄の振り返りや気づきや

自分専用のブログなど使っています。

 

でも、

 

『今日感じていること』

 

さらには

 

『今の考えていること』

は手書きの方が

絶対に気持ちが整理できると

思います。

 

字に書いてみると

 

 

「あれ〜こんなこと

 感じているんだ、、、」

「そんなに

イライラすることでもないな、、、」

「こんな風に考えたらどうかな」

いろいろなことを

感じることができるはずです。

 

出来事まで

振り返ると本格的な

日記になってしまい

なかなかできませんが、

 

自分の気持ちを

一行だけでいいんです。

手書きで書いてみてください。

 

いろいろな発見があると

思います。

 

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す