幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

ストレスが溜まる、心が疲れる。 その原因は4つの◯◯

・なぜかやる気がでない

・体がなんとなく重い

・頑張る気力がでない

 

普段の生活でも、

仕事でも育児についても

このようなことって

ありませんでしょうか?

 

「私はそんなことないです!

毎日元気モリモリです!」

 

そういう方は

本日のメルマガは

読まなくていいと思います。

 

 

反対に

 

「それわかります。

最近、なんとなくやる気が

でないんです。。。」

そういうあなたは

ぜひ最後までお読みください。

 

今日のキーワードは

“心の摩擦”

です。

 

心の摩擦があると

人間は意志の力を奪われたり

疲れたり、ストレスが溜まります。

 

では、

心の摩擦とはなんなのか?

 

人間の身体の心の脳は

繋がっているので

 

 

そこが調和できていないと

肉体的にも精神的にも

不調のシグナルが出てきます。

 

 

私が言いたいのは

 

「健康に気をつけましょう」

 

とか

 

「アウトドアでもして

ストレス発散しましょう」

 

ということではありません。

 

 

実は

身体が健康でも

ストレス発散のために

リフレッシュしていても

 

この4つがバランスよくないと

人間は必ずストレスを感じたり

やる気を失います。

 

その4つとは

“発言”

“行動”

“感情”

“思考”

です。

 

 

先ほども

言いましたが

人間の身体の脳と心は

繋がっているので

 

それぞれが

あまりにバラバラだと

どうしても摩擦を生んでしまいます。

 

それが心や身体にダメージを

与えます。

 

例えば

 

「今年こそは5キロ痩せるぞ!!」

と発言していて

 

 

この時の思考は

 

「これであの洋服が着れる。」

 

なんて感じになります。

 

でも、

実際にはお腹が減ってきたり

疲れてくると

 

「今日くらいは甘いもの

食べてもいいかな!」

 

なんて思考をして

 

大好きなプリンや

チョコレートケーキを

食べてしまう

という行動をしてしまう。

 

すると

自分ではそう思っていなくも

心の声とすれば(感情)としては

 

 

「私って意志が弱くて

ダメな人間だな。。。。」

 

 

こうなってしまうのです。

 

つまり

 

『言っていること』

『やっていること』

『考えていること』

『心で感じていること』

 

ここが一致していないと

人間は絶対にストレスが溜まって

 

 

自分をダメな人間だとして

レッテルを貼ってしまうんです。

 

そうなると

なかなかやる気が出なくて

 

「よし!がんばろう!」

 

となりづらいんです。

 

この話は

よく車で例えられます。

 

人間という車には

 

「発言」

「行動」

「思考」

「感情」

 

この4つのタイヤが

ついています。

 

車を運転する時に

それぞれのタイヤの

向きが違ったり

大きさが違ったら

 

どうなるでしょうか?

 

 

うまく運転はできないですし、

おそらく目的地に

たどり着かないはず。

 

「なんかやる気がでないな〜」

 

「なんか楽しくないな〜」

 

「なんか良いことないかな〜」

 

最近、

こう考えることが多い

あなたは

 

一度

振り返ってみてください。

 

 

仕事、育児、家事、

趣味などを通して

“発言”

“行動”

“感情”

“思考”

が一致しているでしょうか?

 

それを合わせていくと

毎日やる気がみなぎってきます。

 

これは

仕事が忙しい、簡単とかは

関係がありません。

 

忙しくても

4つのタイヤが一致していれば

充実しているはず。

 

逆をいうと、

 

この4つのタイヤを

一致させると

 

 

生活が充実してきて

幸せな毎日になります。

 

あなたはどうですか?

 

5分でもいいので

自分の4つのタイヤについて

振り返ってみましょう。

必ず気づきがあるはずです。

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す