幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

ママの育児ストレスを減らすための自己犠牲しない子育て

本日から

第4の習慣

“Win-Winを考える”

になります。

 

知っている方も多いかも

しれませんが、

 

 

念のため

Win-Winを簡単に

説明しておきます。

 

Win-Winとは

 

============

関わっている人すべてが

望んでいる結果を得ること

============

だと考えています。

 

どうしても

生きている中で

人は他人と比較をしてしまいます。

 

その中で

 

 

「私は◯◯ちゃんより

算数のテストができた」

 

「うちの子は他の子より

運動が得意だ」

 

「◯◯くんはお話しがよく聴けるけど、

うちの子は、、、、、」

 

 

どうしても

勝ち負けで判断してしまうことが

多いと思います。

 

 

そして、

さらに親御さんの場合は

 

 

「私は我慢して◯◯くんのために」

 

 

「自分は犠牲にして

◯◯ちゃんのために」

 

 

と自分を負けにして

子どもに勝たせる人も

います。

 

 

そういう考えをずっとしていると

絶対にしんどくなりますし、

辛くなります。

 

『子どものために』

 

この気持ちは

本当に大事ですし、

必要ですが

 

いつもお話しするように

親御さん自身も楽しんでほしいし、

幸せになってほしいです。

 

もっと言うと

 

 

子どもを褒めるのと

同じくらい

自分を褒めてほしいですし、

 

 

我が子の可能性を信じるのと

同じくらい

自分の可能性を信じてほしいです。

 

 

『私には無理』

 

『子どもさえ良ければ』

『自分は置いておいて』

 

この気持ちは痛いほど

わかります。

 

でも、

育児や教育は

『共育』

 

という人もいます。

 

だとすると、

 

============ 

一緒に幸せを感じて

一緒に失敗して

一緒に成長して

一緒に学ぶ

============

このスタンスは

いかがでしょうか?

 

すると

自然と前向きにもなると

思いますし

 

自己犠牲や自己否定せずに

もっともっと自分自身が輝くことが

できると思います。

 

親御さんがキラキラ輝いて

ニコニコしていると

お子さんも絶対に幸せを

感じます。

 

そして、

これは親御さまと

教育者の関係も同じだと

考えていきます。

 

一人で

山を登るのは苦しいです。

 

でも、

一緒ならば頑張れるし、

いろいろな思い出も増えます。

そういう

教育や子育てのパートナーとして

私はあなたと一緒にあなたのお子さんの

才能や能力を伸ばしていきたいと思います。

 

“先生と教え子”

“先生と保護者”

 

こういう関係を

なるべく作らずに

 

 

===========

教育・子育てパートナー

===========

 

こういう関係を

あなたと築いていきたいと

心から思っています。

 

僕に対して

聞きたいことや知りたいこと

 

または

言いたいことやクレーム、

 

があれば

 

ぜひ、

おっしゃってください。

 

 

まだまだ

至らない点も多いと思いますし、

不快な思いをさせている場合も

あると思います。

 

 

本当に申し訳ないです。

 

 

ですが、

必ず改善して成長して

 

あなたに貢献します。

 

今後とも何卒

よろしくお願いします。

 

 

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す