幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

幼少期に◯◯を鍛えないと人生楽しめない、、、

==================
お知らせ期間限定でお子さんタイプ別診断を
無料でしています。

ガンガン挑戦できるお友達と
すこし臆病なお友達

同じ年齢というだけで
同じ教育をしているのが
現在の日本教育です。

我が子のタイプを知らないまま
子育てをすると

『才能を潰す』
『または可能性を閉じてしまう』

ことになるかもしれません。

詳しくは
こちらをご覧ください。

http://5star.school/diagnose/
===================

photo
『これじゃあ、人生楽しめない、、、』
土曜日に大阪でイベントの
サポートをして
日曜日は京都で
嵐山近くの車折(くるまざき)神社と
伏見稲荷大社に行ってきました。
いろいろと気づきが
あったのですが、
本当に
もったいない人が
多かったです。。。。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 
◆バリしんどいわー、、まだあるん!!??
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 
車折神社は京都で一番の金運神社ということで
お参りさせていただきました。
芸能神社というのが中にあり、
著名な芸能人の方の名前の入った
玉垣(赤い木の板のようなもの)が
たくさんありました。
また、
伏見稲荷大社は
全国に30,000社
あると言われている
お稲荷さんの総本宮です。
外国人の京都観光ランキングで
1位を3年とっているらしく
外国の方がたくさんいました。
わかっただけでも
ロシア、中国、韓国、アメリカ、
本当に多国籍でしたね!
千本鳥居があり、
その景色は圧巻で
稲荷山というお山にも
登らせていただきました。
じっくりお参りしたり
見ていくと3時間くらいは
楽しめると思いますが
私は時間が限られていたので
1時間くらいで終わりました。
ただ、とても
残念というかもったいない
ことがあったんですよ。。。
なんだと思いますか??
マナーの悪いお客さんかな?
トイレなど施設が汚いのかな?
働いている人の対応がひどいのかな?
実はどれも違います。
==============
楽しめていない人が
あまりにも多いんです。。。。
==============
 
稲荷山は少し急な坂道になっていて、
階段もかなりあります。
稲荷山の頂上まで登って
降りてくると
ゆっくり歩くと3時間くらい
かかると言われています。
たしかに
千本鳥居が過ぎて
稲荷山に入ると
参拝というよりはかるい登山です。
そのため、
歩いている人の
ほとんどが苦しそうだったり
「バリしんどいやん、、まだあるん??」
などの関西弁が飛び出していました。
若いカップルも多かったですが
男性も女性も不平不満を言っている人が
多かったです。
すれ違いに聞こえているだけですが
その瞬間にそんな感じだということは
それ以外の時間も苦痛とか辛さの方が
多いのだと思います。。。。
これって
かなりもったいないですよね。。。。
せっかくの景色や
雰囲気のいい場所
ご利益のある神社を
心から楽しむことができない、、、、
本で伏見稲荷の知識を
取り入れることはできます。
でも、
それは体験を通していないので
気づきや学びにはなりづらいです。
やはり実際に行ってみて
目で見て、肌で感じて、体で味わって
そういう部分から
 
 
すばらしい思い出になったり
学びや気づきにつながります。 
それが体力や筋力不足で
できないのは本当にもったいないです。
小学生でもしんどそうにしていたり、
イヤイヤ登っている子もいました。
50代夫婦で
旦那さんが文句言いまくっている人も
いました。
「だから俺はこんな山登りたくないんだよ、、、
ご利益なんかないよ!!!!」
別にそれぞれの人の
感じ方、生き方なので
どうこうは言いませんが
これってかなり人生損していますし、
周りにも悪い影響を与えます。。
ありがたいことに
私は学生時代にしっかりと
体力・筋力の土台もつけましたし
今も定期的に体を鍛えているので
1時間程度でしかも
楽しみながら参拝することが
できました。
体力や筋力って話をすると
「別にスポーツしないしな〜」
「しんどいのは嫌だしな〜」
「普段必要ないしな〜」
と思う方もいると思いますが
例えば旅行するにも
何か趣味をするにも
仕事をするにも
体力がないと
心から楽しむことができませんし
仕事では成果を出すのも
難しいと思います。
だからと言って
「はい!本日から
筋トレとランニングをガンガン
やりましょう!!」
なんて言っても
なかなか続かないですよね。。。
大人になってからは
特に運動というのは
避けがちだと思います。
特に学生時代に
運動経験のない人は
運動の喜びや達成感、
何よりも基礎体力がないので
今から始めるのは
かなりのストレスだと
思います。
だからこそ
幼少期からの
運動や遊びが大事です。 
年齢が小さければ小さいほど
動機付けがそこまで必要なく
運動遊びをやらせることができます!
 
 
そして、
やっているうちに
楽しくなって、体力も筋力も
ついてきます!
 
 
そういう意味でも
楽しんで取り組める運動遊びを
ぜひ、幼少期に取り入れてください!
運動遊びは
人生を楽しむための
鍵だと思います。
本日も、
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
人間には無限のgift(才能・可能性)がある!
Grow your gift.

コメントを残す