幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

我が子の観察が大事とはいうけれど、、、

『子どもを観察することが大事』

ってよく言われますよね。

「お子さんを観察していますか?」
「よく見てあげてください、
子どもはもっと愛情が欲しいかも!」
「子どもの成長を感じるためには
もっと見ましょう」

よく育児本や育児雑誌、
ブログなどでいろいろな人が
話していると思います。

でも、

================
何をどう見ればいいか分からない
================

って思いませんか?

教育者や育児経験者は
当たり前かもしれませんが、

初めての育児や
あまり子どもと関わったことが
無い方にとっては

『よく観察する!』

というのは
かなり漠然としていて
ハードルが高いと思います。

そこで、
本日は

===============
子どもの変化や気持ちが
よくわかるようになる
観察するポイントの3つ
===============

をお伝えします。

人間は普段見ているものでも
意識しないと
脳には情報が入ってきません。

例えば

あなたが毎日見ている
冷蔵庫の中、
スマホのトップ画面、車などを

今ここで絵をそっくりに
描けますでしょうか?

なかなか難しいかと
思います。

脳には

『網様体賦活系』

という機能あり、

意識して集中して見ないと
脳はその情報を記憶できないんです。

だからこそ、

『何を意識して子どもを見るのか』

これがとても大事になってきます。

さっそく3つのポイントを
お伝えします。

“言葉”
“動き”
“目線”

これです。

子どもの成長とは
変化を知ることだと思います。

変化を知るためには
この3つが最重要なんです。

ここから
ずばり解説!!

と考えていたのですが、
最近はメルマガがどんどん
長くなっていて
ご指摘をいただきましたので

詳しくは、、、、
明日からお伝えします。

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す