幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

我が子をダイモンドのように輝かせるには?

あなたは

 

宝石は好きでしょうか?

 

 

サファイア、エメラルド、ルビー、

真珠、などなど

 

 

女性であれば

好きな方が多いと思います。

 

 

私は

宝飾品に全く興味がないので

詳しくはありませんが、

 

 

宝石の王様といえば、

 

 

やはり

 

“ダイアモンド”

 

で間違いないと思います。

 

 

 

透明感があり、

光り輝くジュエリーには

心を奪われますよね。

 

 

それでは

 

 

『なぜ、ダイアモンドは

輝くのでしょうか?』

 

 

これは

かなり子育てというのか

人間教育に参考になります。

 

 

答えから言いますね!

 

 

ダイアモンドが輝くのは

 

==============

たくさん削られて

たくさんの面があるから

==============

 

なんです。

 

 

実はダイアモンドは削って

たくさんの面がないと

輝かないそうです。

 

 

現在では58面が一番綺麗に輝くそうです。

 

 

58面ですよ!!

それだけ面があって、

いろいろな角度から光が入るから

人を魅了する輝きになるのです。

 

 

これって

 

“価値観”

 

も同じだと思います。

 

 

いつも言っている通りで

世の中の教育や育児法は

すべて正しいと思います。

 

 

もっと言うと、

 

『正しい面がある』

 

です。

 

 

子どもや親御様への

アプローチの角度がちょっと違う、

考え方や捉え方の方向性が

違ったりするだけです。

 

 

子どもたちの成果が出たり

親御様の心が救われたりすれば

それはすべて素晴らしい教育法です。

 

 

今日は何が言いたいかというと、

 

============

一つのものだけを盲目的に

信じるのは危険である

============

 

ということです。

 

 

ものすごい極端に話すと

 

 

褒めた方がいい場合もあれば、

叱った方がいい場合もある。

 

 

とことんやらせた方がいい時もあれば

時間制限をした方がいい時もある。

 

 

自由にやった方がいい遊びもあれば

ルールがあった方がいい遊びもある。

 

 

 

本当にケースバイケースです。

 

 

それなのに

 

白黒ハッキリつけすぎて

 

 

あれは絶対にダメ!

これは絶対にいい!

 

 

なんてしてしまうと、

 

============

多様性のある子どもに

育ちません。

============

 

 

人間の器って

どこで決まるでしょうか??

 

 

私は

 

============

いろいろな文化や価値観を

理解できる

============

 

ことだと思っています。

 

 

簡単な例えですが、

 

 

『私はベジタリアン!

お肉なんて食べるのはあり得ない!』

 

 

なんて決め付けて

否定し続けたら

どうなりますか??

 

 

すごい考え方もせまくなって

友人も減ってきて

これからの時代に適応するのは

難しいと思います。

 

 

違う価値観や考え方を

肯定しなくてもいいと思います。

 

=========

否定せずに理解する

=========

 

自分がベジタリアンになることは

悪いことではないと思います。

 

 

でも、

周りの人にそれを求めたり

ベジタリアン以外を否定してしまうと

すごく狭い世界で生きていくことに

なります。

 

 

だから

いろいろな価値観に触れて

感情を動かすことが大事。

 

 

そして、

さまざまな言語、文化、芸術、

価値観、習慣など理解する。

 

 

そういうことで

自分という人間にいろいろな

面が出てくると思います。

 

 

いろいろな角度から

情報を受け取り考えて

行動できる大人になります。

 

親としてあなた自身も

そうなっていただいた方がいいですし、

 

 

お子さんをぜひ、

そう育てていただきたいです。

 

 

我が子を

キラキラ光るダイアモンドに育てるのは

とてもやりがいがあります。

 

 

 

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す