幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

旦那さんをうまく操り、育児や家事に参加してもらう秘訣

==================
お知らせ

期間限定でお子さんタイプ別診断を
無料でしています。

ガンガン挑戦できるお友達と
すこし臆病なお友達

同じ年齢というだけで
同じ教育をしているのが
現在の日本教育です。

我が子のタイプを知らないまま
子育てをすると

『才能を潰す』
『または可能性を閉じてしまう』

ことになるかもしれません。

詳しくは
こちらをご覧ください。

http://5star.school/diagnose/
===================

“操る”

 

というとネガティブ

に聞こえるかもしれませんが

 

別にコントールしたり

奴隷にするわけではありません。

 

気持ちよく

協力的になってもらうんです。

 

すべては

人間関係です。

 

╋━━━━━━━━━━╋ 
◆愛の言語を使おう!
╋━━━━━━━━━━╋ 

やはり

子育てや育児をする上で

大変なのは

 

「自分の時間がない」

「思い通りに進まない」

「やりたいことができない」

 

この部分が大きいと思います。

 

そうなった時に

少しでも自分の時間を確保したり

やりたいことをやるためには

 

==============
旦那さんの協力が不可欠です
==============

 

最近は

イクメンという言葉が

定着してきましたので

 

旦那さんの育児・家事参加率が

数年前に比べて格段に上がったと思います。

 

それでも

Skypeなどで悩み相談を聞いていると

 

『旦那さんの協力がない』

『実家が離れていて

自分の親のサポートが受けられない』

 

という方がまだまだ多いです。

 

「ねぇ~!◯◯のお風呂入れてよ!」

 

「公園に行ってきて!」

 

こういうお願いで

旦那さんが

協力的になっていてくれれば

苦労はないと思います。

 

でも、

うまくいかない場合は

 

『愛の言語』

 

というのを使ってみてください。

 

ポイントは

 

旦那さんに”やらせる”

 

のではなく

 

積極的に”協力してもらう”

 

というスタンスです。

 

つまり、

人間関係をさらに

良好にしていくことで

 

あなたのお願いを

すんなり受け入れてくれます。

 

むしろ、

困っているあなたを自主的に

助けてくれるようになるはずです。

 

この愛の言語は

 

長期的な人間関係を構築する

ゲーリーチャップマンさんの

著書に書かれているものです。

 

愛を伝える方法は

5つあるとされています。

 

1、言葉

2、スキンシップ

3、奉仕

4、時間

5、プレゼント

 

まずは自分が

この5つのどれをされると

愛情を感じたり、理解するでしょうか?

 

 

言葉タイプの人は

 

「愛している!」

「あなたが人生で一番大事!」

「今日のメイク素敵だね!」

 

など

 

言葉で愛を伝えてもらうことで

自分が愛を感じるタイプです。

 

 

スキンシップタイプの人は

 

「ハグする」

「頭をなでられる」

「くっついている」

 

など

 

身体的な接触をされることで

愛情を感じるタイプです。

 

 

奉仕タイプの人は

 

「掃除をしてもらう」

「料理を作ってもらう」

「日曜大工をしてもらう」

 

など

 

自分のために

行動で愛を伝えてもらうと

愛情を感じるタイプです。

 

 

時間タイプの人は

 

一緒にいる時間を増やしたり

大事にされると

 

愛情を感じるタイプです。

 

 

プレゼントタイプの人は

 

サプライズなど

自分に対してプレゼントや

贈り物をされると

 

愛情を感じるタイプです。

 

 

あなたは

どのタイプで愛情を

感じるでしょうか?

 

 

そして、

あなたの旦那さんが

大事にしている愛の言語を

観察してみてください。

 

言葉?

時間?

奉仕?

プレゼント?

スキンシップ?

 

これが分かれば、

それを積極的に相手に

届けてみてください。

 

必ず変化があり、

さらに人間関係が良好になります。

 

 

女性は母親になった瞬間に

母性本能として優先順位が

旦那さんよりもお子さんになります。

 

はっきり言って

うちもそうです(泣)

 

だからこそ、

効果的に愛の言語を使って

旦那さんとのコミュニケーションを

取る必要があります。

 

そうでないと旦那さんは

 

『自分がいつも2番目』

『ないがしろにされている』

『大事にされていない』

 

言葉に出さなくても

本能的にそういうものを

感じてしまいます。

 

そして、

旦那さんも頭では

 

「子どものためだ仕方がない」

 

と考えています。

 

しかし、

ここが人間の面倒なところですが 

心の奥底では

 

「なんかおもしろくないな〜。」

「自分を見てくれていない〜。」

「いいよ、いいよ、俺なんて。」

 

そうなってきてしまうんですよね。

 

男って

けっこう面倒くさい生き物です(笑)

 

だからこそ、

旦那さんを少しでも

気持ちよくさせるコツが

重要だと考えています。

 

時間がないからこそ、

相手の愛の言語を理解してみましょう!

 

私も妻に対しては

愛の言語を大事にしています!

 

ちなみに私の妻は

 

「時間」

「言葉」

 

です。

 

時間は本当に難しいですが

二人の時間にスマホなどは手放して

相手の目を見て話を聞きます。

 

まだまだ

できていないことが

多いので反省です。。。

 

私もあなたも

最善の努力はしてみましょう!

 

旦那さんの

協力体制があると育児でも家事でも

かなり楽になります!

 

お子さんにとっても

アクロバティックな運動ができたり、

 

ママとは違う

遊び方をしてくれるので

大喜びですよ!

 

ぜひ、

参考にしてみてください!

 

本日も、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

人間には無限のgift(才能・可能性)がある!
Grow your gift.

コメントを残す