幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

親や先生の恐怖や暴力、強制だけでは子どものマイナスは消せません。

==================
お知らせ

期間限定でお子さんタイプ別診断を
無料でしています。

ガンガン挑戦できるお友達と
すこし臆病なお友達

同じ年齢というだけで
同じ教育をしているのが
現在の日本教育です。

我が子のタイプを知らないまま
子育てをすると

『才能を潰す』
『または可能性を閉じてしまう』

ことになるかもしれません。

詳しくは
こちらをご覧ください。

http://5star.school/diagnose/
===================

 

『恐怖や暴力、強制だけではマイナスは消せません。』

 

 

先日、お話した

 

『マイケルムーアの世界侵略ノススメ』

の続きです。

 

今日はノルウェーの

刑務所の話です。

 

╋━━━━━━━━━━╋ 
◆ここはホテルなの?
╋━━━━━━━━━━╋ 

 

「阿部さん!

このブログって子育てに関する

ものですよね?

 

刑務所なんて子育てや教育に

関係ないじゃないですか?」

そう思う方もいるかもしれません。

 

実は大いに関係あります。

この話は私も衝撃を受けましたし、

受け入れがたい部分もあります。

 

しかし、事実なので

本日お話ます。

ノルウェーの刑務所は

 

死刑囚でも個室があります。

テレビがあります。

部屋の鍵を持っているのは本人だけ

 

ゲームも使えるし、

図書館もあり

録音スタジオまであります。

 

つまり

ホテルのような

すごく快適な生活ができます。

 

調理器具も扱えるので

包丁とかナイフとかもあります。

これどうですか?

 

信じられないですよね?

 

私は本当にびっくりしましたし、

信じられませんでした。

 

人間として大きな過ちをしたのだから

苦しいことをして、

いろいろ制限された中で苦痛を強いられる

ものでしょ!

 

そう思っていましたし、

まだそう思っている部分もあります。

 

また、

刑務所に入るような人たちに

そんなこと快適な生活をしたら

自分の罪を悔い改めず

 

社会に出ても

再犯をしてしまうのではないか?

 

と思っていました。

 

しかし、

ノルウェーの5年以内の

再犯率は20%で世界最小です。

 

逆にアメリカは80%で

世界一です。

 

アメリカの刑務所と言ったら

看守から警棒で殴られたり

残飯なような食事をとったり、

 

他の受刑者から

レイプやいじめを受けたり

とにかく恐怖の塊だと思います。

 

そんな恐怖を感じるからこそ、

二度とこんな所へこないようにしよう!

と受刑者が思うから

再犯が起こらないようになる!

 

そう思い込んでいました。

実際はそうではないそうです。

 

ここに子育てのヒントが

あると思っています。

 

『人間は恐怖や強制、暴力では

その人のマイナス面は変わりづらい』

 

ということです。

 

小さい子でも

自分の感情を抑えきれず

暴力を振るってしまう

お友達っていますよね?

 

そういうお友達に対して

基本的には

 

「暴力はダメでしょ!」

 

と躾をすると思います。

 

善悪を教えることは

とても大事なことですが、

 

例えば暴力をふるった

子どもに対して

暴力やご飯抜きなどの

制裁的な躾をしても

 

その場で反省はしたり

謝ったりするかもしれませんが

根本解決にはなりません。

 

これって

欲望や感情でも言えるのですが

 

欲望や感情は制限したり

蓋をしたりすると爆発するのです。

 

ダイエットなんて

その典型ですよね!

 

あれもダメ!

これもダメ!

 

ダメダメでいろんなものを

制限していくと

 

短期的には成功するかも

しれませんが

 

その分、リバウンドをしてしまいます。

 

あなたは

こんな経験はありませんか?

 

泣いている時に

 

「泣くんじゃありません!」

 

と言われて

余計に泣いてしまったり、

 

「勉強しなさい!」

 

と言われて

 

「今、勉強しようと思ったのに

そう言われたからやる気を無くしたよ〜」

 

だから、

感情や欲望は溜め込まずに

うまくマネージメントしたり

発散させる方がいいんです。

 

いつくかやり方はあるのですが

ここで話すと長くなるので

 

簡単にお話をすると

 

===========
ダメ、NGを減らして
◯◯してみたら!
◯◯はどうかな?
===========

 

こんな会話を増やしていくことです。

 

でも、

これはあくまでも

 

テクニックです。

 

もっというと、

子どもの行動や発言には

もっと根本的な理由や原因が

あることが多いです。

 

・自分に自信がない

・親から愛されていない

・栄養バランスが偏りすぎている

・生活習慣がよくない

などなど

 

そういう部分の見直しが

必要なんです。

 

 

先ほどのフィンランドの

再犯率の問題は刑務所の環境だけが

要因ではなく

 

社会全体で福祉が充実しているので

出所後でも生活保護を受けたり

医療はタダで受けたられるなど

などいろいろな要素はあると思います。

 

しかし、

人間の根本として

 

恐怖や制限、禁止、暴力では

人のマイナスや苦手を克服するのは

難しいと思います。

 

 

本日も、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

人間には無限のgift(才能・可能性)がある!
Grow your gift.

コメントを残す