幼稚園や小学校では教えてくれない未来に生き残る力を育てます
幼稚園や小学校では教えてくれない
未来に生き残る力を育てます

あなたがしんどい時を乗り越える方法

本日は

『モチベーショントークを作ろう』

という話です。

教育や子育てで
重要なことは

子どものタイプ、
個性、才能を知ることです。

そして、
同じくらい重要なのが

===============
親御さん自身の
タイプ、個性、才能を知ること
===============

です。

ダイエットでも、
仕事でも
勉強でも

なんでも
自分のやる気が出てこないと
継続して頑張ることは
難しいと思います。

そして、

自分の個性や
タイプに合う方法で
やる気を引き出すと
効果的なんです。

その一つの方法が

『モチベーショントーク』

です。

人間は生活の中で

“自己対話”

をかなりしています。

「今日はしんどいな。。」
「なんだかめんどくさいな。。」
「やる気でないな。。。」

例えば
こんな自己対話が多いと

脳はその通りに
イメージして
感情もネガティブになってきますし、

積極的に子どもに
関わったり取り組みをしたり
声かけをしようと思っても
なかなか出来なくなります。

そこで、
しんどい時やキツイ時
なかなかやる気が出ない時に

自分のモチベーションが上がる
言葉を用意していると
行動が変わります。

今日はかなり
恥ずかしいですが、

私のモチベーショントークを
公開します。

どうしても
育児をして家事をしてから
仕事をしようとすると

仕事が終わるのが
深夜になります。

また、
朝は7時くらいに家を出て
授業の準備や練習をします。

ありがたいことに
土日関係なく毎日365日
仕事をしています。

大好きな仕事で使命感を持って
やっていますが、

時々
しんどくなる時もあります。

または
いろいろなプレッシャーもあって
押しつぶされそうな時もあります。

そんな時に
私はモチベーショントークを
使っています。

「これは僕しかできない仕事だ」
「大丈夫!なんとかなる」
「さあ、伝説が始まっている」

などなど

本当は10個あるのですが、
このトークを使うと

アンパンマンが
ジャムおじさんに
作ってもらった新しい顔に
交換された時のように

============
元気100倍になります。
============

このトークって
人それぞれ違うと思います。

自分が
どうやって褒められたら
やる気が出るのか?
どう評価されたいのか?

このあたりを
自分で考えると
モリベーショントークが
完成すると思います。

これは
本当にかなり強力なので
このメルマガをお読みいただいて
明日にでも作成してみてください。

本当にやる気が出てきます。

本日も最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す